読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yahoo!メッセンジャーが終了

 スマホタブレットの普及でリアルタイムコミュニケーションもさらに盛んになりつつある中で、Yahoo!メッセンジャーが終了するという。かつてはSkypeと並ぶコミュニケーションツールとして有名だっただけにやや意外な気もする。SkypeMicrosoftに買収され、ソーシャルメディアの中にもリアルタイムコミュニケーションが組み込まれている流れで、Yahoo!は取り残されていることを象徴しているようにも見える。

「Yahoo!メッセンジャー」終了 「利用者減が著しく維持困難」(ITmedia)

 Microsoftが買収したとはいえ、結果的にWindows Live メッセンジャーも「統合」という名目の元、廃止されているからSkypeの一人勝ちともいえる。海外ではかつてはSkypeよりYahoo!メッセンジャーの方が人気のある国もあり、そうした国の人とコミュニケーションを取るためだけにYahoo!メッセシジャーを利用したこともある。Web版もあったことでそれなりに使い勝手はよかったように思う。しかし現在ではSkype一本で、PCだけでなくタブレットにもアプリを入れて電話のために使っている。おそらくそれは世界的傾向なのだろう。Microsoftの方針でSkypeもWeb化されるから、クラウドサービスに組み込まれる形になるだろうから、Yahoo!メッセンジャーはますます太刀打ちできないことになるのだろう。尤もそれ以前にユーザが減少してしまっているから、やむをえない判断だろう。


 かつてGoogleYouTubeを買収してGoogle Videoを廃止したように、動画投稿サービスはYouTubeの一人勝ちとなり、動画単独のサービスでは存続が難しくなりMicrosoftなども動画投稿サービスから撤退している。同じようなことがYahoo!に起こっていると見てよいだろう。Web2.0時代から現在のクラウド、ソーシャルの時代に、これらに相当する目ぼしいYahoo!のサービスは見当たらないような気がしてならない。